clubVaubanロゴマーク

エネルギー自立地域経済好循環 × イノベーション 
                 持続可能なまちづくり

5月19日PJ100セミナー「“ロゴだけ”“フリだけ”にしない ホンモノのSDGs」をZoomにて開催します

今やあちこちで見かけるようになったSDGs(※注)のロゴマークやビジネスマンの襟元のSDGsバッジ。日本国内でもSDGsが広く知られるようになると同時に、一方で「SDGsは企業の宣伝のための都合のいいツール」とか「政府のアリバイ作りのようなもの」だといった批判も聞こえてくるようになってきました。

 

「SDGsって、なんだかモヤモヤする・・・」そう思ったのがきっかけで、ノンフィクションライターの高橋真樹氏は取材を重ね、SDGsが形だけになりがちな理由を解き明かし、8つの論点と7つの先進事例から、ホンモノのSDGs・ホンモノの持続可能性について考えました。

 

今回のPJ100セミナーでは、高橋氏から日本のSDGsについてレクチャーをしていただき、その後に、先進的な実践事例の1つとして紹介された北海道ニセコ町のSDGsモデル地区の構築・開発にクラブヴォーバンが深く関わっていますので、代表の村上よりその進捗について情報提供をします。

 

(※注) SDGs(持続可能な開発目標:国連に加盟する国々が2015年に合意した、世界を持続可能にするために達成すべき17のゴールと、それを実現するための169のターゲット)

 

■ PJ100セミナー「“ロゴだけ”“フリだけ”にしない ホンモノのSDGs

5月19日(水)18:00~20:00 (ZOOMにて開催)

 

事前申し込み要(開催前日まで) CVサポーター対象 参加費無料

(法人および自治体の方は3名まで無料)

 

■問い合わせ・申込み先■

一般社団法人クラブヴォーバン 

Email  mail@club-vauban.net

① ご氏名 

② ご所属(法人サポーターおよび自治体会員の方) 

③ メールアドレス 

 を明記してください。後日、参加に必要な情報を③のメールアドレス宛にご連絡致します。

20210519PJフライヤー.pdf
PDFファイル 604.4 KB