clubVaubanロゴマーク

エネルギー自立地域経済好循環 × イノベーション 
                 持続可能なまちづくり

クラブヴォーバンの基本的な考え方"kWh=¥"

日本の抱える社会課題「人口減少と地域の衰退・消滅」

2050年までに日本の2/3の地域が、人口が半分以下になる超過疎化・高齢化に脅かされます。

そして、人口減・税収大幅減による弊害が、今後30年で深刻化します。

エネルギーは地域における莫大な固定費 = 「どの地域にも、地元には必ず、大きな需要を持つマーケットが存在する

日本の地域の多くは「地元に魅力的な自然・文化資源はあれども、まちを活性化させるための適切な人材と必要な資金がない」とお考えではないでしょうか? 地域が生き残ってゆくために、地域で経済好循環を起こすことが大切です。小さな自治体であっても、公共機関や各家庭が毎月支払っているエネルギー代金(電気・ガス・ガソリン代等)は、合計すると実は莫大です。このうちの一部でも地域に還流することができれば、地域が今よりもっと豊かになるはずです。

 

地域外へ逃げてゆくだけのエネルギー支出を抑えるため

1)   地域のお金で  ①省エネ  ②再エネ  の対策に投資し

2)   地域の資源と人材を活用し  地域を豊かにしていく

 

 

例えば、人口が1万人ほどの小規模な自治体においても、家庭、業務、産業の部門で、電気やガス、灯油やガソリンなどのエネルギー支出は毎年30億円程度になります。この30億円のうち、地域で循環するお金はたった2~3割。毎年20億円以上ものお金が地域外にダイレクトに流出しています。

30年後 あなたの街が消滅しないために地域課題に取り組む優先順位が重要

 

「漏れバケツ理論」でも例えられるように、事業としてハードルの高い“水を注ぐ”(収益となる新事業を創出する)よりも、最初に“バケツの穴を塞ぐ”(毎年地域外に流出させているエネルギー支出を減らす)ことを優先するべきです。なぜなら、バケツの穴を塞ぐ役割の省エネ、再エネといった取組は、技術的にも、制度的にも、経済的にも、すでに確立しているので、事業としてのハードルが低く、成功する確率が高いからです。

 

そうした地域における投資によって、質の良い雇用を生み出し、「エネルギー地域経済好循環」が実現すれば、そこから  「持続可能なまちづくり」 への最初の一歩が踏み出せると、私たちは考えています。

 

「地方創生」 「観光や関係人口の増進」「6次産業化」など言われるが、まずは、大きな需要がすでに地域内にあり、地域外に支払い続けている「エネルギー」支出・おカネに着目し、 最優先課題として取り組む!

 

CVにおけるまちづくりの考え方はロングセラーである代表・村上敦の著書『kWh=¥ キロワットアワー・イズ・マネー~エネルギー価値の創造で人口減少を生き抜く』(いしずえ出版) にまとめられています。