ヴォーバン住宅地で実現されたコーポラティブ

 クラブ・ヴォーバンの会員の皆さまにクリスマスプレゼントです!先日、告知しましたドキュメンタリー映画の日本語版DVD、こちらがついに完成しました!

 

 会員の皆様方には順次送付を開始しましたので、視聴していただけると幸いです。

CV会員以外の方にも1000円でお譲りしています。ただし郵送は不可。新橋のCV事務所にお越しください。
CV会員以外の方にも1000円でお譲りしています。ただし郵送は不可。新橋のCV事務所にお越しください。

 ドイツ・フライブルク市のヴォーバン住宅地において実現された「建築コーポラティブハウス(=建築グループ:市民が集まって集合 住宅を建築し、完成後、区分所有とする様式。デベロッパーが建設し、分譲するよりも、安価で、自身の希望を取り入れやすい、入居前に隣人と知り合っている などのメリットがある)」に密着取材したドキュメンタリー映画が制作され、ドイツ全土で大好評で上映されました。ドイツでは、社会福祉的な結びつきを求め る市民が、ますます多くの建築をコーポラティブで作るようになっており、とりわけ都市部では、さまざまな社会問題を解決する切り札として有効に活用されています。

 1997年から建設が開始されたヴォーバン住宅地では、入居する全2200世帯のうち、約8割が、建築コーポラティブで集合住宅 を建設し、アイデンティティーあふれる住宅地が確立されています。それを先導した住民団体、およびフライブルク市は、この世界ではドイツの草分け的な存在 になります。

 映画の内容が素晴らしかったため、なんとか財源を工夫して、そのドイツ語版のドキュメンタリーを日本語化する作業を行いました。試聴盤の日本語版もあります。

http://www.prigge-multimediaart.de/#Trailer%20japanisch