ソーラー・コンプレックス社 ミュラー氏来日企画 Think global, Act local

ドイツ最南端、ボーデン湖のほとりにあるソーラーコンプレックス社は再生可能エネルギー100 %でエネルギー供給する未来を模索していた住民たちが設立した市民株式会社です。代表のミュラー氏は、域内の住民からの大切な出資金を預かり、これまでに100億円以上、地域経済や住民を豊かにする再生可能エネルギーと省エネのプロジェクトに投入してきました。それにより、出資者に対しても十分な利回りが配当されています。

今回のシンポジウムでは、彼らはこれまでに何を成し遂げてきたのか?再生可能エネルギーによって地域はどう変われるのか?ミュラー氏の講演でドイツ市民が取り組んできたエネルギーシフトの最前線を解説します。クラブ・ヴォーバン、さくら事務所では、今後の日本での地域エネルギーの参考になると思い、この会を開催します。多くの方に聴いて欲しい講演ですので、奮ってご参加ください。<村上 敦>

 

ーーーーーーー

<開催概要>

日時:2014年6月10日(火)13:00-16:00

会場:アーツ千代田 3331 Arts Chiyoda

   東京都千代田区外神田6-11-14

参加費:無料

定員:80名 ※定員になり次第締め切ります

主催:一般社団法人クラブヴォーバン、株式会社さくら事務所

 

※お申し込み方法、その他詳細は下記案内をご覧下さい

ーーーーーーー

 

2014 6 10申込書.pdf
PDFファイル 276.3 KB