メンバーの皆さん、良いお年を!

 クラブ・ヴォーバンのメンバーの皆さん、村上@皆さんより8時間遅れで新年を迎えます。
今年、2011年は皆さんにとってどんな年でしたか?
 多くの方にとっては、公私共、東日本大震災の関連で大変な年だったのではないでしょうか。悲惨な自然災害、大きな人災と、悪いニュースからはじまった2011年でしたが、それでもなんとか日常を取り戻しつつあり、今年が暮れようとしています。
 一般社団法人クラブ・ヴォーバン、そして新たに設立しました一般社団法人日本エネルギーパス協会と、両者の活動は非常に活発で、とりわけ来年度の初頭から、ようやく念願のエネパス計算士セミナーを開催できるところまでにこぎつきました。計算ツールであるソフトについても、ほぼ完成し、来春からの始動に向けて、各種整備を行なっています。
 2012年の上半期は、とりわけ日本エネルギーパス協会における活動で、私を含めスタッフ一同、バタバタすると思います。しかし、下半期には、いつものように恒例となった、PJ25などのセミナー、勉強会や、常に行いたいと希望している各地での座談会などを通じて、皆さんのメンバーさん同士が知り合い、新しいブレークスルーを!という本来のサロンとしての機能をもう一度見なおしてゆきたいと思っています。
 来年がどのような年になるかは誰にも分かりません。しかし、確実なことは、
・環境で言えば、1年分さらに人類はCO2を吐き出し、大気中の濃度が上昇し、将来の地球灼熱化へ一歩近づきます
・経済で言えば、1年分さらに人類は天然資源を消費し、宇宙船地球号の成長の限界に、また一歩近づきます
・そして社会的に言えば、また1年の人類が生活し、消費した重み分、子供たちが明るい将来を手にすることができる可能性が低くなります。
 とまあ、確実なことについては明るい話題はありません。だからこそ、不確実な私たちの心、精神、知見、そして民主主義などを、少なくとも子供たちの将来の明るい展望の可能性を低くした分ぐらいは、高めてゆかなければ、今を生きる人間として申し訳が立たないように、私自身は感じています。
 ということで、来年度は、少しでも皆さまとの間で、信頼関係が生まれ、社会を良くするという熱い思いを共有し、そのために必要な知見を少しでも勉強すえることができるように、クラブ・ヴォーバンというサロンを有効活用させて頂きます。皆さまも、是非、使ってみてくださいね。
それでは、良いお年を。